家電の価格は事前に比較しよう

家電の価格の二極化についてそれを必要とする人と、機能と素材の違いなどから考えてみた文章です。

家電の価格の違いについて

最近の家電は二極化しているように思います。
価格が抑えられ、機能がシンプルなものと、多機能で付加価値の付いたちょっと価格の張るものです。

特に、一人暮らしをはじめる人向けに外観と機能がシンプルな家電量販店でない販売店でディスプレーされている家電品を見るとその価格の低さに驚かされます。
だからといって安かろう悪かろうでは無いようです。

それなりの機能と耐久性が無ければすぐに口コミで広がり安くても売れなくなるからです。

確かに、電子レンジを取ってみると温めの機能があるこてで必要最小限の機能は満たすことになります。
ボタンが沢山ある多機能な機種でも使いこなさなければ意味がありません。一人暮らし向けの家電だけでなく、これからの高齢化の社会を考えたときに、電子レンジの機能で考えてみると、オーブンやトースターなどが搭載されていることよりも、使いやすさが第一の選択肢になる人も多いわけです。

一方、家電の機能面や素材を追及し価格がある程度高くても良いものを求める消費者も多いでしょう。個人的には掃除機や炊飯器が特に二極化の違いがあるように思います。
炊飯器の内釜は炊飯器の価格に比例します。
確かにある程度の価格のもので炊いたご飯は美味しさが違います。
掃除機もモーターのパワー出力が違うように思います。
最近の家電の価格は必要最低限の機能のほかの付加価値によって決まるのではないかと思います。
安かろう悪かろうにならなうようにしましょうね。
Copyright (C)2018家電の価格は事前に比較しよう.All rights reserved.